mBaaSお役立ちブログ

  • トップ>
  • ブログ>
  • ebook>
  • mBaaSのはまりやすいポイント徹底解説より「ファイルストア編」
メイン画像
メイン画像

mBaaSのはまりやすいポイント徹底解説より「ファイルストア編」

mBaaSはアプリやWebアプリケーションにおいてバックエンドをまるっとまとめて提供する仕組みですが、スクラッチでのサーバサイド開発とは異なるので慣れるまでに多少手間取る部分も存在します。ニフティクラウド mobile backendでは日本語のサポート(Expertプランではテクニカルサポート、Basicプランではコミュニティサポート)を提供していますが、そのサポートに寄せられる質問の中でよくあるものをeBook「mBaaSの はまりやすいポイント徹底解説」としてまとめました。

今回はその中からファイルストアに関する質問についてまとめました。ファイルストアとは画像やHTMLファイル、CSV、動画、音楽などのいわゆるバイナリデータをアップロード/ダウンロードする機能になります。

NCMB File Classにて保存されているファイルが取得できない

バイナリファイルを保存する場合、権限も必ずチェックしてください。ファイルのACLに適切な読み出し権限が付与されていない場合、表示できません。誰でもアクセスできるようにするのであれば、全員に読み込み権限をつけてください。

iOS SDKのfindObjectsInBackgroundWithBlockを使って取得した場合、ファイルオブジェクトにはメタデータのみが設定されており、ファイルデータは含まれていません。そのファイルオブジェクトに対して getData などのメソッドを実行することでファイルデータがダウンロードできます。また、そのデータはNSDataになっていますので、適切な形式に変換が必要です。

PHPその他のプログラミング言語からの利用について

ニフティクラウド mobile backendでは各種言語向けSDKの他、REST APIも公開しています。APIを使うことでサーバサイドのプログラミング言語からファイルやデータを取り出したり、登録、削除が可能です。


eBookではこの他、データの検索インポート/エクスポート、会員管理、シグネチャの生成などについて解説しています。ぜひダウンロードしていただき、mBaaSをより快適に利用するのにご活用ください。









バックナンバー