mBaaSお役立ちブログ

  • トップ>
  • ブログ>
  • Unity>
  • UnityにおけるmBaaSの利用・導入方法のご紹介セミナー レポート(後編)

UnityにおけるmBaaSの利用・導入方法のご紹介セミナー レポート(後編)

5月25日(月)にUnityにおけるmBaaSの利用・導入方法のご紹介セミナーが開催されました。Unite 2015を通じて知り合った方々を中心にして30名超の参加があり、ニフティクラウド mobile backendをより深く知ってもらうイベントです。

今回はその勉強会レポートになります。後編として、当社川原の発表を紹介したいと思います。

 

Unityでどう使う?mBaaS

今回は2つの内容でお話しします。

  1. UnityにおけるmBaaSの活用方法
  2. mBaaSのUnityへの導入方法

になります。まず、活用方法についてお話します。

 

Unity SDKの主な機能について

Unity SDKは現在、下記の機能が使えます。

  • データストア
  • 会員管理
  • Push通知

これらの機能を組み合わせれば、アーケード形式のランキングやユーザー情報と紐付けたランキングなどが開発できます。

またUnity SDKはiOS、Androidの両プラットフォームへの配信にも対応しています。

mBaaSはどうやって導入するか?

mBaaSを利用する際、良くある疑問が どうやって導入すればいいのか? ということです。その疑問にお答えできればと思います。

導入の流れは次の4フェーズに分けて考えられます。

となっています。今回は実際にデモを行いながら説明していきます。

 

1. アカウントの取得

まず最初にアカウントの取得を行います。行うことは

  • niftyIDの取得(無料)
  • mBaaSへのログイン

です。

niftyIDの取得後、mBaaSのログイン画面に入力します。

2. mBaaSのサーバー側の設定

次にmBaaSの設定を行います。内容としてはアプリの作成とキーの取得になります。

ログインするとこのような画面が表示されます。こちらの アプリ というのはスマートフォンアプリ用のmBaaSの単位という意味ぐらいに捉えてください。新規作成ボタンを押すとmBaaSの環境ができます。

そうすると次にこんな画面が表示されます。

ここでアプリケーションキー、クライアントキーが表示されます。この2つのキーを使い、mBaaSへのアクセスが行えます。さてここまでの流れで実際にやってみましょう。

3. SDKを利用する準備

次に、SDKの準備を行います。やることは、

  • GithubからのSDKのDL
  • Unityへのインポート
  • イニシャライズ

になります。

SDKのDLですがGithubのReleases · NIFTYCloud-mbaas/ncmb_unityから行えます。

DLしたZIPファイルを解凍すると下の画像のようなファイルがあります。

その中のNCMBというファイルをUnityが開いた状態でダブルクリックします。すると下のようなインポート画面が出てきます。そこでImportと押すとUnityプロジェクトにUnity SDKが取り込まれます。

次はイニシャライズ(初期化)を行います。イニシャライズは先ほどのアプリケーションキー、クライアントキーを利用し、サーバーへの認証を通すための処理です。イニシャライズの手順としてはまず、新たなシーン上にからのGamobject、NCMBSettings を作ります。この際、NCMBSettingsはホームとなるSeceneを使うことを推奨します。このNCMBSettingsが通らないとNCMBが利用できないので絶対に通過するシーンを利用してください。

NCMBSetting.csというスクリプトがあるので、そちらをNCMBSettingsのGameObjectにアタッチします。

その後、インスペクターを見てアプリケーションキー、クライアントキーをコピー&ペーストします。

これで準備完了です。

4. SDKの導入

最後にSDKの導入としてコーディングを行っていきます。

上記コードを説明していきます。まず、

using NCMB;//NCMBSDKの追加
using System.Collections.Generic;

でSDKの準備をします。

その後、今回はStartにて

NCMBObject testClass = new NCMBObject("TestClass");

とオブジェクトを用意しデータストアのクラスを指定します。今回は TestClass と指定します。もしデータストア上にTestClassがなければ自動で作成も行います。

testClass["message"] = "Hello, NCMB!";

上記コードでカラム(今回はmessage)を指定し、かつ保存するデータ(今回はHello, NCMB!)を指定します。カラムについてもクラスと同じように、存在しない場合は自動で作成されます。

testClass.SaveAsync();

上記が保存処理の実行です。

 

まとめ

本日はデータストアのmBaaS導入について紹介しました。導入方法は下のフローチャートで行えます。

今回説明した内容で、mBaaSの導入方法は分かったかと思いますが、他にもある多様な機能をどう使っていくかに関してはまた別です。ニフティではユーザーコミュニティが用意していますので、そちらで他ユーザがどのようなことをしているかをぜひ見てください。また、面白い使い方を考えた方がいたらぜひ投稿してみてください!

また、6月から怒涛のようにハンズオンセミナーを行いますのでそちらの方もぜひご参加ください!

サーバー開発不要!アプリ開発をよりスマートに、スピーディに。 | ニフティクラウド mobile backend