mBaaSお役立ちブログ

BitSummit 4th に参加してきました

インディーゲームの祭典、BitSummit 4thに参加してきました。

BitSummitは、海外向け情報発信というコンセプトということもあり、PCやゲーム機向けのタイトル展示が多い傾向にあります。特に今年は任天堂の初出展によるゲーム機タイトルの展示や、Oculus Rift、HTC ViveなどのVRコンテンツも目立っていました。しかしながらNCMBエヴァンジェリストとしては、そういう状況を顧みず「モバイルタイトル」に注目して気になるタイトルを触ってきました!その一部をご紹介します~。

Missileman

わたくしイチオシの開発中タイトル、『Missileman』です!!縦持ちのシューティング+ラン系ゲームです。
DSC_0018

こちらはご夫婦のインディーゲーム開発チーム「GAME OR DIE」が作っているタイトルで、明瞭なゲームシステムと軽快なプレイ、センスの感じる絵作りが素晴らしいです。

個人的にはAppStoreのおすすめ枠は絶対取れると思ってます。配信が待ち遠しいです。

星屑のダンガンチューンズ

“連打系” 弾幕リズムシューティングゲーム、と銘打った音ゲー+シューティング的なタイトルです。
好評配信中!(AppStore)

DSC_0536

少し前に買ってプレイしていたのですが、シューティングの「撃ちまくり感」と音ゲーの気持ちよさが混ざった、爽快な独特のプレイ感覚を味わえます。

大都会 岡山Unity勉強会

岡山のUnityゲーム開発者の集まり、岡UNIがチームで出展。BitSummit会場内では一番カオスってたと思います。なにせ共同出展です。ブース超狭そうです。

DSC_0545
割と体裁が整っていて小綺麗なインディーゲームもいいですが、こういう勢いがあってゴチャっとしているチームも大好きです。会場では、スーパーの安売り広告みたいな無茶苦茶なチラシを配っていまいた。

モニターに出ているのは児島精作所 さんの『豚』です。(AppStore)。ランゲームに見せかけたQWOP系の理不尽イライラゲームです。続編のクラウドファンディング中

Mr.Rockets 謎

「ミスターロケッツ パズル」と読みます。こちらも配信中のタイトル(AppStore)

DSC_0542

株式会社新宿ロケッツさんの作品です。3マッチパズルゲームにランゲーム要素が加わったような、こちらも独特なプレイ感覚が楽しめます。そして、謎な世界観!

ニフティクラウド mobile backendブース

DSC_0195

最期に、ゲームではありませんがニフティクラウド mobile backendのブースの様子です。モニターではNCMBの事例として、ビッグヒットとなった「ひとりぼっち惑星」をフィーチャー。インディーゲームの展示イベントとあって、来場者にもゲーム開発者は沢山いらっしゃいます。NCMBの体験会ではハコスコを提供していました。(ちなみに一條は入手しそこねました。)

この場所の出会いから、NCMBを使い倒した新しい発想のゲームアプリが生まれたらいいなと思っております。NCMBはアプリゲーム開発者さんのイベントにはなるべく顔を出したいと思っていますので、新しい勉強会や展示会のお話があればぜひご連絡下さい。