mBaaSお役立ちブログ

NCMB と Monaca について学べる勉強会を大阪にて開催しました

先日、大阪にて NCMB × Monaca による勉強会を開催しました。こちらはそのレポートになります。

大阪開催!Monaca × NCMB勉強会 – connpass

参加者は30名超

参加者の方が勉強会に飢えているんです、と仰るほど大阪であっても勉強会の頻度は多くないそうです。それもあって、参加率は非常に高いイベントになりました。皆さま、ご参加いただきありがとうございます。

NCMB と Monacaの説明

まず私(中津川)の方からNCMBとMonacaの概略と最近のアップデートを紹介しました。Monacaユーザは全体の4、5名ほどで、NCMBについては殆どの方が知らなかったと思います。

https://speakerdeck.com/moongift/ncmb-to-monaca

スタジオキャンビー神戸様の登壇

スタジオキャンビーの神戸様からは実際のMonacaを利用した案件について紹介がありました。事例紹介でも掲載している yukiyama はスキー場のスタッフ用CMSとして開発されています。

Webサイトとアプリとで共通のコードが使えるようになったことによる開発工数低減、リリースまでのスピードアップの効果が非常に大きかったそうです。UIにはAngularを採用されているそうで、習得までには最低1ヶ月はかかるとのことでした。

神戸デジタルラボの岡様の登壇

神戸デジタルラボの岡様からはMonacaとNCMBを使った案件の紹介がありました。元々、神戸デジタルラボ社では自社でmBaaSに似た仕組みを開発しており、案件によってmBaaSとの組み合わせ方を変更しているそうです。特にプッシュ通知周りは実装が面倒なのでmBaaSを使われることが多いとのこと。

また、神戸デジタルラボ社ではEコマースでは力を入れてこられたそうですが、最近ではWebサイトよりも実店舗とスマートフォンアプリの導線設計を重視しているとのことです。


勉強会の後は懇親会を行いました。13人の方に残っていただき、アプリ開発であったり自社サービスの展開などを密に語り合うことができました。皆さま、ありがとうございました!

今後もNCMBでは地方都市圏を中心にイベントを開催していきます。ぜひ開催して欲しい、という方がいらっしゃったらTwitterにてご連絡ください。会場探しと集客にご協力いただければ登壇させていただきます。

バックナンバー