mBaaSお役立ちブログ

メイン画像
メイン画像

中津川篤司の投稿記事一覧

GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントを業務の中で使われている方は多いのではないでしょうか。オンラインで使える表計算ソフトウェアは人と共有する場合はもちろん、ブラウザしかない環境でも使えるのが便利です。 […]

アプリの運用においてプッシュ通知は必須の存在ですが、mBaaSのようなサービスを使わなくとも自分たちで開発、運用ができないこともありません。しかし多くの手間がかかるのも確かです。 今回は自分たちでプッシュ通知を実装した際 […]

BtoBtoC(BtoBtoBでも可)向けのアプリの場合、そのアプリを提供している会社向けに管理画面を提供したいと考えることがあります。その管理画面では、利用企業が自分たちのデータについてだけメンテナンスできるようになり […]

BtoBtoC(BtoBtoBでも可)向けのアプリの場合、そのアプリを提供している会社向けに管理画面を提供したいと考えることがあります。その管理画面では、利用企業が自分たちのデータについてだけメンテナンスできるようになり […]

BtoBtoC(BtoBtoBでも可)向けのアプリの場合、そのアプリを提供している会社向けに管理画面を提供したいと考えることがあります。その管理画面では、利用企業が自分たちのデータについてだけメンテナンスできるようになり […]

BtoBtoC(BtoBtoBでも可)向けのアプリの場合、そのアプリを提供している会社向けに管理画面を提供したいと考えることがあります。その管理画面では、利用企業が自分たちのデータについてだけメンテナンスできるようになり […]

BtoBtoC(BtoBtoBでも可)向けのアプリの場合、そのアプリを提供している会社向けに管理画面を提供したいと考えることがあります。その管理画面では、利用企業が自分たちのデータについてだけメンテナンスできるようになり […]

スマートフォンアプリの登場によってWebのトラフィックはアプリに奪われています。しかしアプリはApple/Googleによって流通が支配されていること、ダウンロードやインストールが終わらないと使えないといった問題もあります。そうした問題を解決すべく、アプリをWeb上で楽しめるようにしたり、すぐに実行できるようにするサービスが登場しています。

先日We Are JavaScripters! @3rdで発表した資料をベースに、サーバサイドの開発にこそmBaaSが役立つという紹介をします。mBaaSはサーバサイドの仕組みを置き換えるものですが、すべてサポートできるわけではありません。アプリの機能に特化した部分は別途作り込むというのはよくある話です。

BtoBtoC(BtoBtoBでも可)向けのアプリの場合、そのアプリを提供している会社向けに管理画面を提供したいと考えることがあります。その管理画面では、利用企業が自分たちのデータについてだけメンテナンスできるようになります。

BtoBtoC(BtoBtoBでも可)向けのアプリの場合、そのアプリを提供している会社向けに管理画面を提供したいと考えることがあります。その管理画面では、利用企業が自分たちのデータについてだけメンテナンスできるようになります。そのための管理画面を作成していきます。今回はまず基本になるベースを作成します。

私たちのサービスを使っている方々を中心としたユーザコミュニティを作るべく、まずは昨年夏まで活動していたNCMBユーザ会をNCMB-UGとして再開します。先日行ったイベントはその名もNCMB-UG Rebuildで、アプリ […]

先日、1月末に予告通りParse.comがサービスを終了しました。これまでParse.comを使ってきた方々で私たちのニフティクラウド mobile backendに移ったという方もいますし、他のmBaaSに乗り換えた方 […]

mBaaSではExpertユーザ向けにテクニカルサポートを提供しています。日々多くの質問が寄せられていますが、実際に使っている方でないと、どういった質問をしていいのか分かりづらいかも知れません。 そこで実際にテクニカルサ […]

mBaaSではExpertユーザ向けにテクニカルサポートを提供しています。日々多くの質問が寄せられていますが、実際に使っている方でないと、どういった質問をしていいのか分かりづらいかも知れません。 そこで実際にテクニカルサ […]

mBaaSではExpertユーザ向けにテクニカルサポートを提供しています。日々多くの質問が寄せられていますが、実際に使っている方でないと、どういった質問をしていいのか分かりづらいかも知れません。 そこで実際にテクニカルサ […]

スクリプトの中でACL管理されたデータを扱う方法です。認証はIDやメールアドレスとパスワードなどを使って行いますが、スクリプトの実行環境の中でパスワードを利用することはできません。そこで使ってみたいのがセッショントークンです。

データクラスのエクスポートを自動化する方法を紹介しましたが、担当者が日々手動で実行すれば十分といった規模の場合もあるでしょう。そこでHTML5でデスクトップアプリケーションが作れるElectronを使ってエクスポート機能を持ったアプリを作成しました。

次のようなフローでプッシュを行いたい。担当者がプッシュ通知を作成→テスト用のデバイスに配信→管理者が確認、承認→プッシュ通知が送信される。今回はこのフローをニフティクラウド mobile backendで行う方法を紹介します。

リッチプッシュをmonacaで作ってみる

プッシュ通知は主に3つの種類があります。 起動を促す 新しく発生したイベントを知らせる 新しいキャンペーンを知らせる 起動を促す場合、アプリを起動した時に表示するのは標準の画面になるでしょう。これはしばらく起動していなか […]

バックナンバー